かぞく、くらす、たびをする。

イギリスのB&Bでロンドン暮らしを体験!

20120414-164311.jpgイギリスの「B&B」をご存知ですか?
「Bed & Breakfast」の略で、個人の家で宿泊(Bed)と朝食(Breakfast)を提供する、日本でいうと「民宿」に近いスタイルの宿です。その多くが自宅の余っている部屋をリフォームして、個人または家族で経営しています。一般家庭の生活におじゃまする感覚で、そこでの暮らしを体験できるので、まゆハウスとしてはイギリスに行くなら「ホテルよりもぜひB&Bを!」と体験してみました。

今回紹介する、ロンドンのチェルシーにある「At Home Inn Chelsea」はイギリスの新聞「The Gurdian」が選ぶ ”ロンドンのB&B トップ10“に入ったB&Bです。家族はオーナーご夫婦と娘さんが一人、とても親しみやすくて優しい人達でした。

インテリアもその人柄の通り暖かい雰囲気でまとめられ、且つ、アーティストでもあるだけあってセンスがいい!壁に飾られた家族の写真やアート、植物の使い方など、真似したいところがいっぱいあります。親しい友人のお家に招かれたかのような居心地で、数日だけでもロンドンの住人として暮らしたような気分を味わえます。

場所はチェルシーとあって、少し歩けばおしゃれなカフェやレストラン、雑貨屋さんが並びます。バスのアクセスが良く、観光にも便利でした。もちろん設備やサービスが整ったホテルとは違いますが、その土地での暮らしを体験したい方にはおすすめです。

At Home Inn Chelsea is a beautiful and cozy B&B which is listed on “TOP 10 B&B in London” by The Guardian. The owner family Margaret and Simon are really kind and friendly. As in reflection of it, rooms are decorated in warm and comfortable design. Such good B&B will give you a much better experience of real London than expensive hotels.

宿泊したのは「ツインルーム」、朝食付きで一部屋90ポンド/泊でした。コンパクトながら、居心地のよい部屋。
ツインルームは裏庭に面しています。普通の観光ではなかなか見れない暮らしの様子が覗きみれて素敵でした。
20120414-163958.jpg1階にあるキッチンの様子
20120414-164051.jpg女主人のマーガレット(Margaret)さん、気さくで明るい人でした
20120414-163853.jpg朝食の一皿。シンプルだけど質のよい素材を使っている感じ。
20120414-163904.jpg他にトーストやジャム、飲み物など数種類が並びます。あ、シリアルも
裏庭に面した、朝食を食べる部屋。
20120414-163930.jpg裏庭のテラスは緑にあふれていました。
20120414-164219.jpg3階建の家で、階段の壁にはたくさんの写真やアートが飾られていました。
20120414-164141.jpgこういうの憧れるんですが、なかなかできない。
20120414-164418.jpg滞在後半には「ダブルルーム」が空いたので、そちらにも宿泊させてもらいました。
20120414-171307.jpg最後の日、朝早いにも関わらず、ご主人のサイモンさんは玄関まで出て見送ってくれました。
«  |  »

コメントを残す

   

Information

This article was written on 13 4月 2012, and is filled under 旅する.

この記事をシェアする