かぞく、くらす、たびをする。

タイル目地をきれいにする方法

 

うちのキッチンカウンターはタイルです。

賃貸なので自分でこれを選んだわけではありませんが、
一目見て素敵なデザインだなと思いました。
でも、使い始めてから、ある問題に気づきました。

 

タイルの目地が非常に汚れやすいのです!

 

だって、ここはキッチンのカウンター。
配膳したり、お茶を出したり、下げたお皿を一時置きしたり・・
日々のことだし、私だけでなく家族みんなが使うし、
汚さない、こぼさないように使うにも限界があります。

コーヒーや紅茶、醤油なんかがちょびっとでもこぼれると、
白い目地にあっという間に染み込みんで、
重曹で磨こうが、タワシでこすろうが、ハイターで拭こうが、
元のような真っ白には戻らない(涙)

 

キッチンはやっぱりピカッと真っ白であってほしい。

困って大家さんに相談したら、
業者さんに頼んで目地を上塗りしてくれました。

ついでに今後のためにもやり方を教えてもらう。

 

 

【ビフォー】

 

【アフター】

 


【材料】

・タイル目地材 2袋
 ※180cm × 60cmに対して。実際は1.5袋ぐらいを使用。

【道具】

・ゴムベラ(必須)
・混ぜるための容器(必須)
・マスキングテープ(必須)
・養生マスカー
・バケツ
・スポンジ

【所要時間】

・約1時間(作業のみ)
 ※乾燥までは丸一日は見ておいたほうが良い

 


【やり方】

1.塗る場所の周りをマスキング、および養生します。
 ※ここで「養生マスカー」という商品が大活躍。これは便利です。

2.目地材に水を少しずつ加えて、耳たぶぐらいの硬さになるまで練ります。
 ※この時も養生マスカーを張って、その上でやれば汚れる心配なし!

 

3.ゴムベラで目地に”すりこむように”塗りこみ、表面をならす。

※見てると最初にざっと目地材を置くように塗ってから(写真下)、刷り込むように仕上げていくイメージでした。

 

4.水を染み込ませたスポンジで表面をなでるように拭く。
 ※これでタイル表面についた目地材を落としつつ、目地を均す。
 ※オプション的な作業だと思われ。

 

5.タイル表面に残った余分な目地材を生乾きのうちに、乾いた雑巾で拭き取る。
 ※生乾きになるのが塗り終えてから大体1時間ぐらい
 ※ぬれた雑巾ではなく、乾いた雑巾ってのがポイント!摩擦で削り落とす感じで綺麗にしていく。

 

まる1日はそっとしておいて完全に乾けば、完成です!ピカーーーッ!

 

元の真っ白できれいなカウンターに戻り、大満足です。

 

でも、、、たぶん、また汚れるであろうことを思うと、
キッチンカウンターにタイルは向いてないんじゃないか、
と思います(苦笑)

結論がそれか!

«  |  »

コメントを残す

   

Information

This article was written on 17 2月 2017, and is filled under 作る.

この記事をシェアする


Current post is tagged

, , , , , , , , ,