かぞく、くらす、たびをする。

ついに購入、電動鼻水吸引器

 

子ども3人目にして、ついに”電動”の「鼻水吸取器」を買った。

お値段15,800円(Amazon)、
新鋭工業 という会社の「スマイルキュート」という商品で、
医療用のものを家庭向けに製品化した商品です。

ここしばらく、買うか、買うまいか悩んだ末に、
これは「必要なもの」と購入を決めました。

これまでは薬局で買った「ママ鼻水トッテ」と言う、
口で吸うタイプの鼻水吸引器を使ってました。

これが、吸ってあげるこっちまで感染するし、
機械に比べて吸引力がない=時間がかかる=子供は暴れ狂う・・
結果、使うのが憂鬱になってついさぼりがち(または手抜き)
になるから効果も薄れる、という代物でした。

でも、そういうものだと思っていたし、
そもそも電動の鼻水吸引器の存在を今まで知らなかったのです。

そんな私にママ友たちが声を揃えて「絶対買うべし!」、
「あるとなしでは大違い!」「治りが違う!」と、
購入を勧めてくれました。

とは言え、安いものではないし、場所もそれなりに取るし。
3人目にして今さらという気持ちもあってしばらく悶々・・・

それでも購入を決めたのは、結果的にはむしろ3人目だから、でした。
末っ子は早くから上の子たちが持ち込む菌に晒されるし、
上の子の都合に合わせて連れ回されるので、
どうしても早くから病気をもらいやすい。
実際に4ヶ月にしてすでに鼻みずを垂らしてるわけで・・

薬に頼る前に、病院に通う前に、家でできることがあるならば。
少しでも楽にしてあげれたら、と。

 

 

ちなみにハンディタイプか据え置きタイプかでもまた悩んで、
最終的には据え置き型を購入しました。

これまた「(吸引力が一番大事だから)絶対に据え置きを買うべし!」
との友人からの強いアドバイスによるものです。

据え置きタイプでは、
このスマイルキュートとメルシーポットという2種類がメジャーで、
私は比較的省スペースで、ハンドルが付いて持ち運びしやすそうな
スマイルキュートに決めました。

古くなったマリメッコのトートに入れたらぴったり!
本体も、コードもスッキリ収まりました。
これで家の中を移動させて使ってます。

 

 

お風呂上がり、そして日中にも数回、こまめに吸ってあげています。
吸ってあげるとその瞬間はギャン泣きするけど、
本人も楽にはなるみたい。

ものを買う時には、
必要なもの(Needs)」か「欲しいもの(Wants)」なのか、
それをはっきりさせるように心がけています。

なぜなら、人は「なんとなく欲しい」だけのものを「必要なもの」と、
容易に自分に思い込ませてしまうみたいなのです。
買うためのこじつけに。。

 

- 本当に必要? それとも本当に欲しい?

 

買う前にこの質問を自分へよーく聞くようにしています。

ところが子育てグッズは「あったら便利」という類の商品が多くて、
本当に必要なのかどうかの見極めに困ることが多いです。

まったく「あったら便利」は魔法の言葉だと思う。必要と欲しいの間に、この「あったら便利」がスススと滑り込んでくることが何度あったことか!

でもこの「便利」に惑わさられ始めると、ものは際限なく増えていきます。

そして経験的には、ほとんどの場合は必要でなく、
代用品や別の方法で事足りることの方が多いのですが。
反対に「欲しい」というものは少ない・・ことが多いです。

結果的にこれは買ってみて、
やっぱりわが家に「必要なもの」だったと思いました。

小さなお子さんがいる家庭で、
特に保育園に通わせているようなご家庭は、
ぜひ購入の検討をお勧めします。

風邪の治りが全然違うようですよ!

 

«  |  »

コメントを残す

   

Information

This article was written on 01 2月 2017, and is filled under 子育て.

この記事をシェアする


Current post is tagged

, , ,